ログイン

新規ユーザーの作成


トップページへ

文法分析リーディング

商品の購入
商品のキャンセル

フォーラム


柳小路出版株式会社
読み書き話すのすべてができない

英語から直接イメージを得、イメージを直接英語として発信するために必要な「本当の英文法」を身に付けるための

文法分析リーディングはこちらから
英語学習シートの購入はこちらから
英語学習シートのダウンロード A4判4枚に印刷し、貼り合わせてお使いください。



「日本人は英語の読み書きはできるが話すことはできない」という、大方の日本人が持っている認識は、大きな誤りです。
「日本人は、読み書き話すのすべてができない」というのが、残念ながらが現実なのです。

英語教育関係者をはじめとする多くの日本人が認めたがらない、この正しい現状認識なしに、日本人の英語能力を改善するのは、不可能です。

皆さんは、頭に浮かんだ自分の考えを、正しく意図の通じる英語として、まがりなりにも書くことができるでしょうか。
もしそれができるなら、「読み書きはできる」ということですが、できないとしたら、それは、「読み書きはできない」ということです。

書くことができないものは、話すことなどできるはずもありません。

日本人が「読み書きはできる」と考えてしまうのは、「聴き話す」が取りつく島の無いほどとてつもなく苦手であったため、それに比較して、「読み書き」は「取りつく島はある」という程度の苦手であったことにより、「読み書きはできる」と思いたがったためです。

「思いたがった」だけでなく、実際に入学試験の英文和訳でも和文英訳でも正解を書くことができるので、「読み書きはできる」と考えるのも無理のないところですが、それは英語を日本語に、あるいは日本語を英語に、置き換えることができるため「試験問題に正解を書けた」だけで、言葉としての読み書きは、できていないのです。

言葉として「読み書きができる」ためには、日本語という他の言語を介在させてはいけないのです。

日本人の英語苦手の本当の原因は、英語を日本語に、あるいは日本語を英語に置き換える便法を「英文法」として習い、それを正しい英文法と誤解させられた教育水準の高い国民全体が一生懸命覚えすぎたために、英語から直接イメージを得かつイメージを直接英語として発信する言葉本来の脳の動きができなくなっていることにあるのです。
そのために、「英文法」に精通しているにもかかわらず、英語のできない秀才の学校の先生がいらっしゃるのです。

でもご安心ください。言葉の獲得は、方法さえ間違えなければ、それほど難しいものではないのです。
そのことは、「英文法」を知らない学校での英語の成績が全く振るわなかった生徒が、ほんの短期間でも「留学」という名の現地生活を送るだけで、「英語ができる」ようになって帰国するということを見てもお分かり頂けると思います。

この「不適切な文法」という日本人の英語苦手の根本的原因は、「聴き話す」という「音」にかかわる部分がとてつもなく苦手であったことにより、「音」にかかわる部分の改善にとらわれるあまり、その陰に隠れて置き去りにされてきたのです。
そのため、日本の英語教育は、関係者の懸命な努力にもかかわらず、一向に成果を上げることができていないのです。

日本人の英語苦手を解消するには、英語を日本語に、あるいは日本語を英語に置き換える「便法としての英文法」でなく、英語から直接イメージを得、イメージを直接英語として発信するために必要な「本当の英文法」を知る必要があるのです。